2011年02月27日

STAR DRIVER 輝きのタクト #21

このアニメはなんでこんなに散漫なんだ?
前回までのお話し〜とかやらないからそう思うだけ?
普通アニメって1回見て来週を待ちわびるよね?

このアニメ何がしたいのか未だにわからないんだけど。。マジで記憶力と理解力の問題なのか不安。。
拍手する
posted by nina at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(2009年、日)

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(2009年、日)
総監督 庵野秀明
監督 摩砂雪、鶴巻和哉
脚本 庵野秀明
声の出演 緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾
音楽 鷺巣詩郎
配給 クロックワークス、カラー

 動機:・・有名なので。。。

気になった点
・のっけの坂本真綾がいい味出してるゥ!
・アスカがなんかかわいくない
・緒方恵美が、なんか、ちょっとやっぱり、違和感。。。
・安定の閣下
・人間関係的に一歩踏み出す主人公たちが90年代と大きく違う気がする!
・新ジャンル;加持×シンジ...需要ナシッ!!
・TVSよりあっさりめに殺されるアスカ
・そのおかげでカタルシスとかない!不思議!
・どんなに血が噴き出しても平気!内蔵が飛び出ても平気!
・電脳コイルかよ!もしくはウテナかよ!!!(ウテナです><)
・突如舞い降りる石田 空気読ん・・読んだからあのタイミングなのかorz
・「つまり・・サードインパクト・・!!」
・と思ったらなんか収束してた
・おかげで最後何言ってるかもやってるかも全然わかんなかった


エヴァが好きになれない理由がなんとなくわかった気がする。
 多分感情移入が出来てないからだ!
事件はぼっこぼっこ次から次に起こってきてそれの処理ばっかやってるイメージで感情移入する隙がないっていうか、主体をどこにおいていいかわからないです。。
 事件が起きたぜ!わーすげえな!次どうなるんだろうな!!
って感じで作品に引き込まれることはなかったです。。まず事件が起きる(使徒が来る)のがいつも唐突なので、なぜそうなる!?
 なぜ今そこでビーストモードとか出る!?
てなるので、なんか後出しじゃんけんされた感じですげえ納得いかないんだよな、伏線なんかあったっけ!?的な振り返りが即座になされるあの不安定な感覚は脳にとって負担意外のなにものでもないのだ!!
まああとから補足説明とか実はこうでしたって種明かししてくれてるからまだいいけど、なんかねえタネの出し方も小出しだし出すとき決まってドヤ顔ってイメージなんだよねエヴァって。なんでだろう?

別にウテナも突然「私お兄様いるんです」とか言いはじめた時はどうしようかと思ったし「黒薔薇会です、どうも!」とか言われた時はおいおい伏線の一本や二本出しといてくれよイクニとか思ったけど、
それにしたってエヴァはなんか全く予想だにしないところからネタ引っ張ってきてどや!ってしてくれるから困る、伏線とかあった!?ないよね!?!?!??しかも投げっぱなしだし。
まあそんなミステリアスな雰囲気の世界観が超絶受けてるエヴァなんでしょうが、なんとなく「一見さんお断り」「俺を受け入れない奴は見なくていいよ^^」って感じでTVSは嫌いだったよってなんでこんな話になったんだ?

 閑話休題?


TVSとは違って人間関係の前進が目立つ(と、どっかのレビュワーさんが言っていた)劇場版、なんか確かにTVSよりかは間口が広いというか、こんな世界観ですみんな見てね!て感じがしたよ、という完全フィーリングレビューでお送りします。
ていうかアスカ殺したあとのシンジの駄々こねはどうなの?あれだめじゃね?
なんかあそこで一気に萎えたっていうか、ああシンジ君年齢に似合った行動だね普通の14歳だとこんな感じだよね(こんな感じか?)!とかは思ったけど、それだけだったし。。
ていうかそこまでアスカと親密な関係築いてたっけ?とか思ってたのでシンジがブチ切れる意味がよくわからなかった。
なんであそこトウジじゃだめだったん・・?
あれのいいところはへっへっへ使徒だぜ今日もぶっ殺してやらあ!と勇み足でぶっ殺しにいってよく見たら中の人がいつも一緒にいた友人でした→うわあああ、のコンボが最強なんだと思ってたけどアスカのは別に・・ねえ。

しかも最後が全く意味わからず。
綾波が飲み込まれて裸の巨大化はよくわかったけどそのあとがウテナ!
失礼ノイズが。
榎戸が脚本に関ってるとか言ってたのをどっかで見たけどもしかしてここ?
なんで同じこと何度も繰り返さないとだめなの・・?
なんかだんだん榎戸に対する評価が変わりつつある。
エヴァって同窓会なの?


まあTVSも大して感情移入出来なかったし覚えてることと言えばアスカの「ママ!」ぐらいでむしろこのポイントがあるからこそのエヴァを評価してるのだと私の中ではそう思ってるんだけど、ママネタちゃんと出てくるよね?Qでね?
せっかく生き返るんだったらちゃんとママネタしてくれないと困るよアスカちゃーん。
今作のアスカちゃんは危ういところが2割ぐらい引いてる気がする。もっと過剰に攻撃的でヤマアラシしてくれないと、パペットでひとり会話〜とかマジでただの精神病患者だからやめてほしかった。。
「子供なんかほしくないのに」ってマジな独り言いうアスカちゃんが、僕は好きだなあ!^^^

まあなんていうかアスカの処遇については今作でかなり緩和された面もあるけど、逆に執着がなくなってあっさり終わった感じ。
TVSなんてアレ完全に監督の意向が反映されてた気がするんだよね意向っていうか私怨?な気がして見てて痛いなー可哀想だなーとか思ったけど今作はなんていうか、別に死んだままでもわりと問題ない感じ。俺アスカファンだけど、ストーリー的にもうアスカ出てこなくても大丈夫だよ。ていうかなんで出てきたのかよくわからないアスカだったよ。。

私はエヴァに思い入れも何もないので、普通に作画綺麗だったなーっていうぐらいの感想でした。あとやっぱり、なんかこう幻想的な雰囲気がいいね!構成要素は凄く魅力的なのになんで小出しにするのかよくわからない。
次回作あるみたいですが、3年後が5年後になり、7年後になり10年後になっても何も問題ないよ!^^^
というのが私のエヴァに対する評価です^^^

ただこのアニメ的にオチはどうつけるのか凄い謎。
これって結局、使徒を全員倒して世界を救ったぜ!!になるのか、使徒を倒そうとしたけどやっぱり駄目だったぜ!!とかになるだけだと思うんですが、マジでどうすんの?
TVSはボカして主人公おめでとうに逃げたし劇場版はよくわかんないけど(世界は終わった?けど)俺なんか生きてる、で終わったし、シンジ的な物語としてはいいかもしれんけどエヴァ的な世界観を持った物語の終わりとしては、どうかなあとか思っちゃうんだよなあ、もう少しマクロな意味でのオチが見たいという感じ。
・・まあ90年代でことごとく退廃的?排他的?な終わりしか見せなかったエヴァが今更世界平和ですよねキリッ!!とかやるわけはないと思うんだけど、だからって00年代(いやもう10年代か・・)に世界崩壊したぜ!!とかはなんか、ウケんのかなあ・・。
そうか、前の劇場版思い出したけどあれも結局世界の危機が云々とか言って結局収束したのは自分の内面だったし、なんかエヴァにセカイを求めるのはなんか間違ってるのかもしれない。
使徒倒したところでただのヒーローモノになるだけ・・だよな?


ていうかエヴァって何したい作品なのか未だによくわからない。
世界を救いたいのか、自分が成長したいのか、ロボで戦いたいだけなのか。。。
全部やりたくてごっちゃにしました!おかげで焦点なんてものは最初からなかったんです!!
とかじゃちょっと見てる側として疲れる。。
今作のキモはどこかなあ・・ロボで戦闘・・になるなのかなあ。。。


ていうか明美ぃ・・原画どこやってるんだよぉ全然わかんないよぉぉぉおおおTTT
拍手する

2011年02月25日

クレヨンしんちゃん SHIN-MEN #3

おわっすっげえええええええええええええええええ

だが
しかし

 これガキにウケてんの・・?

っていうのが最大の疑問。俺的には超ドストライクでサイコーに面白かったが、これガキが見てわかるのか?
っていうか、それ以前に面白いと思って見てもらえてるのか。。?

てのがマジで疑問。いや、俺的にh

作画超よかった。話も面白かった。#1,2も見たけどなんか久々に悪の組織!!!を見た気がした。
いいねなんか伝統的だけど革新的、みたいな感じがね。湯浅ワールド全開だったけどね。

 そして反省点はただひとつ!

・・・録画しておけばよかった。。。。。。
タグ:SHIN-MEN
拍手する
posted by nina at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

久々にホスト部を見返した

榎戸脚本すげえなとか言ってきたけどタクトでその評価が揺らいだので気晴らしにホスト部を見たけどやっぱりわからないままだった。
多分比較対象がいないせいだと思うのでその辺のオリジナルアニメの脚本と見比べれば多分わかるんだと思う。
むしろ五十嵐コンテ(#13)がすごすぎてさあ・・ほんと絵画みたいなコンテだよ五十嵐きれいだよ五十嵐・・

昔(2006年、もう5年も経っているのか・・)見た時よりインパクトはなかったがきょうや先輩の回がよかったなあ。
なんかホスト部って萌えアニメに見せかけて中身は劇場版セラムンRなんだね。
五十嵐解釈版コイルウテナセラムン的な。かなりあっさり味だが友情をテーマにした作品っていいよなあ。
26話の ハルヒ!! 先輩!! てのは露骨にウテナ臭だったが(笑)あとどうやっても当人が恋愛にいかないエスカフローネ的な純情青春もの(笑/これも坂本真綾がヒロインだったよな・・)。
あとやっぱ双子がいいね!^^
さりげなくBL要素突っ込んでくるホスト部ってなんか様式が7,80年代の少女漫画っぽくて素敵☆

五十嵐ってもしかしてオトコノコ救済型?(イクニと磯光はオンナノコ救済型)
ヒロインはたまき視点☆だとするとタクトもヒロインはスガタになるのか?
うーん、素直にタクトを成長させるというかその場から救う展開に、とは考えられないなあ・・
少なくとも問題抱えてるという意味ではスガタの方が圧倒的に重いし。まあタクトはタクトで悩んでるけど個人的なわだかまり止まりだし。

しかし13話は何度見ても、いつ見ても綺麗。傑作。
でもあの形でお母さんに悩みを打ち明けるとかお母さん大好きだよ!とかにならずあっさりめの切り口で終わらせてハイ夢オチでしたこれからも頑張って生きてこうね、てなるのが五十嵐監督のよさだなと思いました。
ほんと五十嵐監督はあっさりめの爽やか路線が綺麗一直線。ドロドロは似合わないよ五十嵐不思議の国のシュールなシーンに突っ込み入れるコミカルなハルヒが一番だよ五十嵐!!!!

・・あと#1,26であの・・・林明美・・・・・パート・・・・・・・・・;;;;;;;


・・つまり何がいいたいってタクトはやっぱりさわやか青春モノになるんだろうなってこと。
・・・・・の割に脚本がドロドロさせたがってる気がするんだよね・・混ぜるな危険!?
拍手する
posted by nina at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぷち感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

STAR DRIVER 輝きのタクト #20

えー・・
シンゴさん・・・イシュトヴァーンっすか・・・
子安緑川置鮎緒方保志を予想してた俺☆撃沈。。。

なんかスタドラって、もしかしてだあくなおはなし所望してる人たちが見てるんじゃないのね?
私としてはまあまあ普通の展開だなと思ったら結構随所でドロドロ、暗い、爽やかアニメを期待してたのにこんなの見たくなかった。。
とかあって、えっだって榎戸脚本にそれは無理なんじゃないのか、ていうか今まで見てきてなんとなくそういう要素あっただろ、って思ったんですが、それにしたってなんか微妙だったぜ今回。

ミヤビレイジさんの動機はもっともでいいよね、多分サイバディ全破壊か全掌握で世界をブッ飛ばしたいんだろう、
うわあ17,8歳で女の子や男の子とセックスしまくってるわりに頭は14歳なんですね、やだわあ中二病こじらせたひとって!
(ninaちんもこんな歳でこじらせてるので他人のことはいえません・・メッ!)

カタシロが不器用じゃなかったら事態はいい方向に向かっていたんじゃないかな。だいぶ。
というお話。
しかしギンタ?がこれまでのメンバーの中で一番まともに”どうやって勝つか”を真剣に考えたんではなかろうか?
今までの奴らがやってたのは正攻法、岡田斗司夫が言う”悪の組織@特撮が地球侵略に来た!”的なそんな戦い方だったし。
なんだろう、武士道精神なのかな、ズルはよくない、正々堂々と戦おうぜ!!的な。スポーツマンシップ?現実は砂かけあってなんぼですよね。
そして戦闘シーンの斎賀みつきに惚れた。乱入上等、好印象!


あーあシンゴさん期待してたのに全然だめだめだったなー。
絵柄/キャラデザって重要だよね。先輩が恋しい。。。
拍手する
posted by nina at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ」(1988年、米)

「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ」(1988年、米)
監督 フランク・オズ
助監督 バーニー・ウィリアムズ
出演 スティーヴ・マーティン、マイケル・ケイン、グレン・ヘドリー、バーバラ・ハリス
脚本 スタンリー・シャピロ 、デイル・ローナー
音楽 マイルズ・グッドマン
撮影 ミヒャエル・バルハウス
配給 ワーナー・ブラザース

動機:すすめられたので

どうでもいいがjtnewsだと
 スティーヴ・マーティン(ペテン師)、マイケル・ケイン(サギ師)
ってなってるのね。ふーん。
ペテン師とサギ師の違いがよくわからなかったんだが、サギってーと金が関ってくるイメージがあるな、露骨に。

クッキーモンスター、マスターヨーダのフランクオズ!ということでファンタジーかと思いきや何これまじめですやん。
びっくりした。まあ脚本にフランクオズは関ってないみたいだがそれにしたって無駄のないプロット、ストーリー展開に脱帽。
これすげくね? 111分(と書いてあった)だが綺麗にまとまってるべ。すげえな。

ストーリーとしてはありきたりで途中からああきっとスティングみたいなんでしょ題材同じだし、と思って見てるとまあ大体同じ。
私個人の願望としては
 イケメン硬派サギ師とおちゃらけ軟派ペテン師が手を組んでおもしろおかしく世渡りするぜ!
的な爽快感溢れるお話かと思ったんだけど(そんなお話しはありません)、なんかこう、まあ手堅い感じのオチが待っていてですね、
飛び立つ飛行機(セスナ?)を見て
 なんて胸糞の悪い映画だ、
とまあこう思っていたところにあのオチですよね。

いやー、なんかいいね、最後まで心温まる(こころあたたまる?)義理人情に満ちた(ぎ、ぎりにんじょう!?)いい作品でね。

あのオチなかったらクソ映画認定してた(心が狭いんです。。)があの最後の最後がとてもよかった。
逆にいうとあの最後の落ちがなければ凡俗な映画で終わっていたw
あのオチがあるからこそ他の映画と一線を画す感じで。よかったな〜

どうでもいいが
 私の患者です ついに治りませんでしたが
ってーのが上手いなと思いました。モノはいいようだね〜

サギ師って驚くほど人間的な職業なんだと再認識した、っていや、職業じゃないか・・・
拍手する
posted by nina at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・劇場版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「未来世紀ブラジル」(1985年、英)

「未来世紀ブラジル」(1985年、英)
監督 テリー・ギリアム
脚本 テリー・ギリアム、チャールズ・マッケオン、トム・ストッパード
出演 ジョナサン・プライス、ロバート・デ・ニーロ、マイケル・ペイリン
音楽 マイケル・ケイメン
撮影 ロジャー・プラット
配給 20世紀フォックス、ユニバーサル・ピクチャーズ


動機:テリーギリアム監督だし。。

ほいほいテリーギリアム特集ですよっと。彼の作品は未来予知!とか壮大なスケール!とか綿密な画面構成!とかそんなもんに重点が置かれているのではなく(まああるんだろうが)芯はたったの一本、
 想像力ってすげえよな!
ってあたりだと私はバロンのときから思っているので、バロンと同じようにああ嫌いなひとは徹底的に嫌いというか理解出来ない作品なんだろうなという感じの映画でした。
ストーリーとか全くわからんもんね? あってないようなもん? いや、あるんだけれども。

私としては女のひと(夢だと絶世のおしとやか美女が現世では超短髪のトラック運転手ガール!・・逆にそれでも夢みてられる主人公はマジでイっちゃってんな。。)
をどうして助けたのかがよくわからず、ていうか女のひととからんでるあたりの展開がまるでわからず、マジであの女はテロと関ってたんか?とか
主人公が逮捕されたのは家にロバートデニーロ(テロ屋さん)が出入りしてたから容疑かけられたの?
とかですね、正直細かい所全く覚えてないです。。

いやあ、私はうつ気質の超頑固頭なのでこの映画がギャグ映画だということにほとんど気付かず(・・え)
ああギリアム相変わらずいい具合にブッ飛んでんなあとしか思っていなかったってのはどういうことだってばよ・・・
食事してるうしろでテロがドッカンドッカンはさすがにパイソン的ギャグだとは思ったけど。
なんかイギリスのギャグってシュールっていうか、すごーく暗い気がする・・。失笑的な。

最後のシーンが悲しかった。
情報化社会、管理社会になろうとも想像することだけは、空想することだけが俺たちに許された自由だ、みたいなのがなんかね、なんとなく悲しいなあと思ったりした・・。
拍手する
posted by nina at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・劇場版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

わたしがじぶんをうつびょうだとおもう6つのりゆう

1、物事を純粋に楽しめず、作品を見ても批判ばかりする。
2、他人のことまで気がまわらないので他人の話が頭に入ってこない。
3、家で無為に時間を潰すことが多くなった。
4、外に出たくないし、動きたくないし、考えたくない。寒いし。
5、ムカつくことがあるときたないことばがすぐにでてくる。
6、「世界が早く滅亡しないかな」が口癖になりつつある。


ということが2,3ヶ月以上続いています。
覚えている限りでは10年以上でしょうか。

 ・・・それって病気じゃなくて気質なんじゃね?

 先生「難しい問題ですね」

と言って先生は肩までのびたおかっぱを右手でさらりとかきあげる。
金髪!(プラチナブロンド。もしくは栗色)


ああ、二次元って最高。
拍手する

2011年02月17日

OVERMANキングゲイナー 〜#7

・・なんか、ちょっと自分に思うところがあって反省してみたのだが、
もしかしてこれは、

 ただしイケメンに限る

という奴なのではないか・・?
なんかキャラデザがいいアニメは全面的にオープンな受け入れ方をしちゃう傾向にあるのかなあ・・。
なんか、明らかに主人公がイケメンで周りも結構イケメンな奴が多いからこのアニメ面白い!の評価になっている気がして来たぞ・・。
お、恐ろしい・・。なんという酷いバイアスだ・・。なんつー・・うわあ・・・・。

よく考えたら次のお話しも気にならないしゴールはわかってるしどうせ成就するんだろうしというお話しの流れていくところについての興味は全くないことがわかった。
だってもう1話で答え出てるし・・。ヤーパン?エクソダス?するんだろうし・・。

これ完全に今を楽しもうぜなingアニメだったのね・・。まあ楽しいからいいけど・・。OPも必ずskipしないで巻き戻しつつ見てるけどね感じられれば力〜♪

もうコマ送りしたい。全力でコマ送りする。走っていく!

次回エキデンということで早くも視聴する気が失せている自分がいます。
まあ、今を楽しむってことで。目指す場所は、楽園!!
拍手する
posted by nina at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | -> OVERMANキングゲイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

R.O.D -READ OR DIE-(OVA全3巻、2001-2002年)

R.O.D -READ OR DIE-(OVA全3巻、2001-2002年)
原作/シリーズ構成 倉田英之
キャラクター原案 羽音たらく
キャラクターデザイン 石浜真史
メカニックデザイン 菅沼栄治
アイテムデザイン 山形厚史
プロダクションデザイン 神宮司訓之
美術監督 小倉一男(草薙)
音楽 岩崎琢
音楽監督 児玉隆
音響演出 平光琢也
監督 舛成孝二
アニメーション制作プロダクション スタジオディーン



うーん、なんかまあ、無難?
ツカミはOK、山場もあるし、オチもある・・けどなんというか、すごく王道というか、見てて特に驚く点もなく、あ、終わった、という感じ・・。

#1で突然読子が紙を使いはじめた時はおおSF!?もしくはファンタジー!?
とか思ったけど、オチは普通というか、普通に王道展開だったので先が読めるところが残念だった・・。
もっとこう、アクロバティックな展開を(まああったんですけどベタすぎるぜ。。)求めてたのが間違いでした;;
3巻だけだし、しょうがないよね;;;


しかしディーンとは気付かなかった。
ストーリーは王道のベタでしたが、作画はもういいね!最高だね!動くのが最高だねー。これほんとにディーン?
気付かなかった。よかったです作画。作画は良いけどストーリーg(ry

ほんとに残念です。作画がいいだけに残念。theTVの方も見なくちゃ駄目かなあ・・。
読子の声がおっとりしてて可愛かった^^
こち亀でしか聞いたことないひとだったけど可愛いですね!^^^
拍手する
posted by nina at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーサーと魔王マルタザールの逆襲(2009年、仏)

アーサーと魔王マルタザールの逆襲(2009年、仏)
監督 リュック・ベッソン
脚本 リュック・ベッソン、セリーヌ・ガルシア (原案)
出演 フレディ・ハイモア、ミア・ファロー
配給 アスミック・エース


 道楽?
監督の道楽で撮ったとしたらそれはそれでいいけどずいぶん金のかかる道楽だね。
こんなのが映画になるんだったら書店の棚からBL本1冊とってきて映像化した方がまだマシだね!
少なくともお話とかストーリーという意味ではBLのがあるよ。

この映画はストーリーじゃなくて構想なんじゃない?
お話しになる以前の物語を映像化してしまった感じ。
上手くいったとしても10分程度で綺麗にまとめられる話なのでは?
回想とかでもさっくり終われそうだし。

なんか短編小説を無理矢理長編小説にしました、みたいな映画でした。
ちょっとさー、逆襲楽しみにしてたのにこれはないよね。言葉遊びレベル。
経歴のある監督が撮った作品だからまだしょうがねえなですまされるけど、
新人がとったら確実に次の仕事が来ないレベルなんじゃない?

映画館で見てなくてよかった。しかし新作で借りてしまった。
 金と時間の無駄遣い。
こんなだったら缶ジュース2,3本買った方がいいわ。あー無駄した。
こんなクソ小説なんかより俺の脳内映画を誰か映像化してくれよ。アニメで。
拍手する
posted by nina at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・劇場版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

「銀の三角」萩尾望都(白泉社文庫)

「銀の三角」萩尾望都(白泉社文庫)
 1994.9 初版 1995.10 4版
 1980.12-82.6月号 SFマガジン

やっと読んだぜ銀の三角!(古いので本が黄ばみ、ページが取れている・・)
どっかでよしながふみ+はぎおんの対談で「どういっていいかよくわからないストーリー」とか言っていたが、ここは俺のブログなことだしせっかくだから俺なりのあらすじをここに書いてみるぜ!

 黒髪の美少女にせっつかれて金髪の美少年を助けて世界の危機を救うべく時空を放浪していたらいつの間にか世界の危機が救われていた!
 と思ったら美少年もなかったことになっていた!

・・・つまり・・どういうことだってばよ・・・・・
なんか、プロットがあるようでないようで、ないようであるようで、複雑なようでないようで、傑作のようでないようで・・・ぐるぐるぐる、という感じ。^^;
全部読んだ時の素直な感想としては、ああ、俺には妹がいたと思ったがそんなことはなかったぜ、的な、打ち切りなのかなあ・・とかなり邪推してしまいました;;
だってすごい面白くなってわあすごいわあすごいこれどうやってオチつけるのかなどんなオチになるのかなあ!わくわく
・・とか思ってページ見たら残り1/5もないような第三部前半あたり。
そして急にテンポアップして 俺たちの戦いはこれからだ! みたいななんかそんなノリで突然終わる・・。
ちょっと・・SFマガジンさんよォ・・・・(SFさんは悪くないよ!)


内容のことを言うとまーた情報量多くてすごいよね、もう芸術(信者は言い切るぜ!)、イケメンもおおいしびしょーじょもおーいしでもうすてき☆
萩尾先生は素なんだか狙ってやってんだか知らないけどうまああああくBL強姦と虐待ネタと男女性モノ引っ張ってくるからすごい。
マージナルでもモザイクラセンでもそうだったけど、ほんとこの上手い具合に滑り込ませるあたりがすごい、というか狙わなきゃやってられねえだろって感じがすげえ。天才。超技巧派。しかも超感性派。いえい。サイコー!
ジェルミ君の片鱗が垣間見えちゃいました。逆か。逆だね^^

内容で気になったのは、なんで今このときになって銀の三角の生き残りが生まれてしまうん?ということと、
あとなんでマーリー(主人公)さんがエロキュス(もうひとりの女主人公?)を執拗にぶっ殺そうとしていたのかがわからない。
変動係数?変動値だっけ?あれがよくないのか?そこだけちょっと読めなかった。
さすがにこの本を二度も読むのは疲れる・・情報量と時間軸がバラバラなのでしっちゃかめっちゃか。俺の頭が。


映画とかでSFとかあるけど、萩尾望都こそ正統派SF!と思っている萩尾信者の俺にとっては未だに真面目なSF映画を見たことが・・あ、スターウォーズはSFだね!
なんかファンタジー要素入ってないとSFと言えなくなってきたんじゃないか?
純粋なSFって近未来予想小説とかそんな感じがして来た・・。
まあ萩尾望都もSF手法でファンタジーやってる感が否めないが・・でもどっちの要素も色濃いので大好き。
オリジナリティすごすぎわろた^^
拍手する

2011年02月15日

OVERMANキングゲイナー 〜#2

キンゲきたああああああああああああああああああああ

待ちに待ったキンゲです。OP!!!ジブリ臭がハンパねえっすなあ。だいすき。^^

楽しい楽しいキンゲです。やったね!リーンの翼は頑張って1話見て2話目で何故か寝てたよ!きっと昼下がりの太陽がなせる技でリーンの翼は何も悪くないよね!!

対するキンゲのフィーバーっぷり。
まず作画!くーーーー動く!しかもこのキャラデザ、イエスだね!
大好きです。もう・・これほんとにサンライズ?信じられない。やれば出来るじゃない常に標準水準作画維持の平均タイプ優等生のサンライズちゃん。突出した作画かけるなんて思っても見なかったよ!
吉田健一は偉大(?)。

こちらもACE3でなんとなく知ってただけだったのと、あと評判を聞いてたのと、あとOPがすごくいい!!
ということで見たかったアニメです。見られてよかった〜!嬉しい。

話的には主人公が結構イケメン?w 引きこもりでこの容姿なら勝ち組や!!的な。
敵の金髪女さんがいい感じですね。美女ッ!
この作品の行こうとしている場所が分からん、というかあれだけ巨大集合住宅?なのに一部脱走可能とか政府結構甘いんじゃない?
シベ鉄?もなんかわりとちょろいし。
「本当は自然環境はいいのに政府は私たちから金を巻き上げたいだけなのよ!」とか言ってたけど大どんでん返しで げげっ!荒廃した土地に着いちまったぜ!だが俺たちは新たなるユートピアを目指して(ry
とかあったらどうしたらいいんだろう・・。

26話分楽しみです^^
拍手する
posted by nina at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | -> OVERMANキングゲイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブレンパワード 〜#2

えー・・なんかこういうこと言うのもあれですけど、私このアニメタクトの10倍面白いと思うんですけどぉ・・
感性が00年代10年代向けじゃないのかなあ・・
なんかこう世紀末アニメが好きっていうか、密度の濃いいアニメが好きというか、情報量は過多なぐらいが丁度いいというかぁ・・
あ、10倍ってのはたった2話分でタクト19話分に相当するという話です。
すでに1話の時点でタクト惨敗orzという感じだったのですが、まあタクトはロボじゃなくて学園だもんね。カテゴリが違うか・・。

情報量が過多で説明も大してないのでああ昔のアニメだなという感じです。
90年代のアニメすっげえ荒削りやね・・。
まず名前と立ち位置が把握出来ないし(画面は暗いしorz)あとなんか98年作品なのに作画崩壊しかけてるし・・。
話数追いかけないと把握出来なさそう。まあそれぐらいがちょうどいいんでしょうけど。
絵柄は綺麗だけど動き大丈夫なのかこのアニメ・・すげえ心配になったぞ・・・。


タクトより面白いと思ったのはあれかな、”続きが気になる”ことこそがアニメの醍醐味だと私は思っているので、それでいうとタクトは”続きは気にならないけどオチは気になる”系のアニメだということです。中盤全部パセリだよね。え?そんなことないか。
このアニメは先が気になるなー 2話で切ったのも結構苦渋の策だったw
オチ・・はまだそこまで気にはならないけど、続きがめっちゃ気になる。
そうかーアンチボディ?ってのは子供なんですね?意味わからん。会話してるし。エヴァ的なあれなのか?わからん。

---蛇足
ACE3でしか知らなかったブレンパワードですが、ACE3じゃヒメブレンちゃんがはっきり言ってただのロリ(に見えた)だったのに対して本作普通に可愛いじゃないか!
絵柄違うってレベルじゃねえぞ!!!!
拍手する
posted by nina at 23:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | -> ブレンパワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふたつのスピカ ~#20(完)

ここで終わりかよ!

宇宙にすら行ってない不思議。
あと僕20話の演出は認めないからねっ!!

 なんで急にガキに語り始めさせるんじゃいっ

まあ感動しかけましたけど。

見せ方は上手いんだよなあ・・共感値が高い。謎。


せめて宇宙にいくまではアニメを作るべきでは?
ということですったふさん次回作を!!よろしくお願いします!!!!(何年前の作品よ・・)
拍手する
posted by nina at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

2/13

バレンタインですわっ!

あげる相手ももらう相手もいない寂しい人生です。

 何故チョコレートなんだ!!!

ビスケットとか生クリームとかチーズケーキとかだったらまだあきらめがつくのに!!!!

 なぜちょこれーとなんだああああああああああああああああ


ひどい!これはごうもんだ、ひどいごうもんだ!

これはごうもんだあああああああああああああああ

あーあ
拍手する
posted by nina at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

ふたつのスピカ 〜#15

はーいアニメですー
昔の日アニっぽい雰囲気。日アニは昔か。

突っ込みどころは多々あっておいおいーとよく思いながら見てますが、
感動させる・泣けるというポイントはがっちりおさえてるので上手い演出(?)だなあという印象。
友情とか家族とかで泣かせるのはわかるがこれ2001年作品だろ。
90年代に構想してたとは思うがそれにしたって流れる雰囲気が昭和すぎる。

吐血ももうちょっと現実味持たせないと不治の病が(笑)レベルですよ・・。

まあ、泣かせるという点ではツボおさえてるので結構うるうるしますけど・・。
なんかこう、細かいところがものすごく気になってしょうがない・・。
物語として、それは許容範囲なのか・・?という疑問がふつふつと・・。

宇宙に行くんだ!つっても学校で地道に訓練とかで、エヴァ的なSFさはねえんだなと思いました・・。
なんかこう、もうちょっと壮大だファンタジーかと思ったんだけど、見てみたら意外に現実味のある地に足の着いた(?)アニメでした・・。
どこにオチを持って行くのか謎です><
宇宙行って終わりかなあ・・。
拍手する
posted by nina at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STAR DRIVER 輝きのタクト #19

いやったああああああああああ
次回予告で可愛い子来たぞおおおおおおおお

 と思ったら男だった

・・・
・・・・・

素直に喜べない・・・・・

俺的☆スタドラ初のイケメンということで超期待。
声の出演がリーク通りだとするとこれはエヴァ再来が・・
うげっ
僕的にははるかさんでもいいけど幸村でもよかったな、っていう・・・
ほら、あの二人90年代は切っても切れない関係にあったし・・・
・・・的な・・・


あと榎戸は石田にごめんなさいしないといけないよね(´・ω・`)
榎戸はやはり天才コンプだったのか・・
と思わせるような発言やめてほしかったな・・ガセなら嬉しいが
拍手する
posted by nina at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

ドラえもん のび太の人魚大海戦(2010年)

地上派のドラえもん3hrスペシャルで見たけどひとつしか言うことはない。

 スタッフロール端折ってんじゃねえよテレ朝ああああああ

映画を作った人たちに対する敬意と配慮が足りないと思います!!
原画マン楽しみにしてたのに!ちくしょう!!!!!!!!


ドラえもんの監督って楠葉宏三だったんですね。総監督だっけ?映画だけだと思ってた。。
日アニの監督っていうイメージが強かったんですけどまあやめちゃってますよね。

そろそろロミ空みたいなのをひとつ・・無理か☆
拍手する
posted by nina at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/11

最近休日が恋しい毎日を送っているので
BLでも読んで現実逃避すっかあ!
と思って尾鮭”サーモン”あさみ作品を手に取って読んだら

 んもうーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

楽しかったね。サーモン最高!!一也最高!!甲斐最高!!!!!

 俺たちのジャスティスは80年代!!!!!!!!!

・・だったか知りませんが、あれ? ダダカズシリーズって90年代だっけ?

忘れちゃった・・もう一也さま黒魔術の書籍に混じってジャンジュネ森茉莉萩尾望都とかいやあーーん><><

 サーモン大好き!

断筆しようが俺は一生愛してるぜ。べいべ!
拍手する
posted by nina at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

無双OROCHI Z 第5軍、別働隊として出動

えーえ ええ、ええ わたくし未だにおろちすすめてましたわよ無双6発売までは粘りますわ!

全員コス4まで出し終わり、熟練度も全員25超。
こっからは第4武器入手のため奮闘する予定です。
全ステージ全難易度は・・・ごめん激難無理☆2でも難しいが難しい・・;;;
無双容赦ねえぜ;;;

持ち(好き)キャラがなぜか完全に後回しにしてた関係で周瑜と陸遜が激弱状態。
他キャラは天舞つけたら大体無双だったwwwwwwストレスなくていいけど手応えないですよねwwwwwwwww
弱小ヘタレプレイヤーにはいいことだ。神速調整がめんどいが。

全武器出したら大体終わりかな〜
あとは周瑜陸遜司馬懿曹丕光秀蘭丸ァ千代(あっぷるちゃんはちゃんと変換してくれていいなああ)
あたりをやりこんで終わりかなー
3月10日まではねばるぜ!
逆にいうと無双6はじめるとおろちやんなくなるのでちゃんと遊びたい。

周瑜さまと陸遜ちゃんの4コスがやっと拝める!!
周瑜さま無双5コスでやりこんでやるうういいいいいいええええいいいい

無双イケメン多すぎて困る><
拍手する
posted by nina at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STAR DRIVER 輝きのタクト #15-18

もうこんなに書いてなかったのか。
ミズノマリノはなんか肩透かしっていうか結局ファンタジー肯定しちゃっててああやっぱり現実感とかどうでもいいのねこのアニメって感じでした。
マリノいいの?消えないマボロシは現実、だっけ?あれ肯定するとスタドラはファンタジーになるじゃんーせっかく日本が舞台なのにー

双子ネタは結構お腹いっぱいなのでお腹いっぱいでした。嫌いじゃない。


新キャラ女二人はセラムンのはるみちが被る。斎賀みつきの方が嫉妬しはじめたら俺得。まあそこまでやらなさそうだけど。
しっかしキャラが徹底的に可愛くないねー なんでだ? おかしい。ゆかなとか意図的すぎて気持ち悪い。可愛くない!!

やったあ待ってましたのケイト回来たと思ったらそうでもなくてああケイトさんスタッフに愛されてないんですねが伺えるひとカラダンスシーンがすごくかわいそうだった。榎戸おすすめキャラじゃなかったのかよ・・。緑も崩壊してるし意味わからんなボンズ。メカだけ愛でてるわけにはいかんぞ!(多分)

まあ最後が卑猥だったけどここで騒ぐと榎戸の思う壷だから大人の俺は騒がないぜ!ケイトさまエロかったな!!
わりと興味なくしたが。タクト無双とスガタ無双が酷すぎてなえる。ていうかキャラ多すぎて把握するのが・・。


オチまであとどのくらいかなあ。23話ぐらいまで待ってマジで駄目そうならクソ認定・・いや!最後まで待つ!!
最後まで見てから決める!!そうだ最後まで見ないといけないんだ!!最後まで見ないとアンシーがちゃんと旅立てたのかわからないじゃないか!!!

五十嵐榎戸コンビにはまたのほほん高校ゆったりライフのホスト部みたいな作品作ってほしいな〜
タクトは重い気がする。シリアス。テーマが。(あればの話だが)


タクトって真のイケメン美少女出さない気なのかね・・。イケメンがいないって異常だぞ・・アニメ的に考えて。(もしくは俺の感性がデストロイ?)
拍手する
posted by nina at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レベルE 〜#5

はい、楽しく見てます
漫画は漫画、アニメはアニメなので、漫画とは違ったアニメの切り口やら追加補足場面やらが面白かったりします。
ただ、声がな、声だけがな・・・!!

まあ面白いのでいいです。ちび王子が頑張ってルール説明してたとことか可愛かった^^
あと赤川がすごい普通に可愛くなってて意外www中の人のおかげだと思うwwwすごい普通に可愛くてよかったww(原作は少しというかかなりウザめ・・)

あとは

 ややアブノーマルでございます
 しばし待たれよ

が改変されずにちゃんと表現されていれば思い残すことはない。
頼んだぞまじで!! 外しちゃいけないセリフってのがあるからなレベルEは!! 頼むぜ金出してくれてるぴえろさんヨォ!!
拍手する
posted by nina at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイートプリキュア♪ #1

うっはああああああああああああああwwwwwwwwww

笑いが止まらないww笑いが止まらない!!wwwwww
あの線の多さで7人作画とか死ねるwwwwwwwwwwwww
せめて変身後のスカートなんとかしてやれよwwwww鬼畜ってレベルじゃねえよあれwwwwww
無理だよ!東映傾いちゃうよ!!

まあ、
おもちゃ売れるといいですね。

なんか夢のクレヨン王国みたいでした。声の出演はわりと豪華なのにな〜

水色とオレンジ?がすでに出ててげんなり。もっと可愛い子はおらんのか?
あとイケメンが少ない。しょんぼり。
拍手する
posted by nina at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/4って

あと2ヶ月・・ないよね?

せ、せかいいちはつこいさんだいじょうぶですか・・?
キャラ紹介のページが見当たらないんですが・・・



ロマンチカオールナイト全12話上映って普通に考えて6時間近くあるよね・・?
まじで? 寝る会なの? 集団就寝会? 無理だろ・・普通に考えて・・・・

?ロマンチカ2ってあったっけ?
1とどう違うんだっけ?

・・おーおおお 全然覚えてねえわ
ロマンチカはまごうことなくうさぎさんの物語だったね! 俺の中では。
拍手する
posted by nina at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OVA「ぼくの地球を守って」(1993年〜)

OVA「ぼくの地球を守って」(1993年〜)
 原作 日渡早紀(1987-1994年;花とゆめ)


うわあBLだね!
2話だか3話にびっくりしたーいやあ置鮎さん若いねえ若い時は仕事選べないよねえうわあまさかの直球!
うへー当時の少女漫画は正直片足BL普通でしたよね。
カムバック過去!!

ぼくの地球を守って、名前だけは最終兵器彼女と同じぐらい知っていたけど見るのは初めて。
最終兵器彼女はまだ見てないけど多分両方とも少年少女が地球の危機を救うために超能力とかなんかあやしい武器とか使っちゃってわあ中二病だねみたいな感じで孤軍奮闘しちゃう地球を救おうぜ!アニメだと思ってたんだけど、
 ぜーんぜん違ったね。

よりにもよって前世かよ!
俺の苦手なキーワードじゃねえか。鼻で笑っちゃったよ!

絵面はIG?とあってかめっちゃ綺麗。もーIGはほんとに良い仕事してよねー
赤文字にしたのは意味があるんだよー

もう素晴らしいね。イケメンと美少女しかいない!きゃーアニメってよいわあよいわあうふふやっぱりこうでなくっちゃね!
しかもIGだから動く。やったぜ!イケメンでBLで動くアニメなんてそうそうないぜ!!合掌。(?)


話としてはガキ(冬馬由美を当てるとはなんか・・すげえ)がキレてああ死人が出るなwwと思ったら感動的な過去話(しかし非常にBL臭がキツい。おい犯罪だぞ!!危ないぞこのシチュは!!)がはじまったかと思ったら悪人が改心していた。
〜fin〜

 え?これで終わり?
というあやうくアニメだということを忘れてぼく地球クソだな認定するところだった。アニメは漫画とは別だもんね!
I.Gのプチ本気(?)を見られただけで眼福です。イケメンがよく動いとるな〜 絵柄も崩れず。 ほおお奇跡じゃ!


いやー森川置鮎飛田小杉関俊山口佐々木堀川速水!(ひどい!呼び捨てだなんてひどい!!)
いい時代だね〜 ていうか私にとって90年代しかわからんのだよ。00年代?知らん・・。
あとラズロが良い声だった。名前知らないけど(ええっ!)

しかし毎度SFで人が死ぬ時は未知のウイルスor細菌の感染症だな。
感電死とかないの?・・ださいか。・・感電死はダサいな・・。


予想してたアニメとは違ったけどこれはこれで面白かったのでよかった^^
I.Gの良作画も見られて満足♪ 90年代最高♪♪
しかし原作読む気は起きなかったな。気になったキャラがいない。残念。
拍手する
posted by nina at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アーサーとミニモイの不思議な国」(2006年/仏)

「アーサーとミニモイの不思議な国」(2006年/仏)
原案・原作 セリーヌ・ガルシア
監督・脚本 リュック・ベッソン
出演 フレディ・ハイモア、ミア・ファロー
配給 アスミック・エース


カマ木隆之介はいいとしてだね、問題はでびっどぼおいいだよあーた!!!
もう色っぽい声でびっくりしたー!
あいつは良いキャラだったね。よかったーホモじゃなくて!女の人に溺れたんですね。わーよかった。息子も馬鹿っぽいしね!
しかしベタメッシュのえなりかずきには気付かなかった・・まじでか 普通に可愛かったぞ;;

作品的にはふーんて感じの特にオチもなく子供騙しの絵面が延々と続く感じ。
起伏もあるし起承転結もあるけど映画館出たら速攻で忘れるタイプの映画。
執着がないというか執念がない。綺麗な”リュックベッソンこんな作品も作れるのね”映画でした。

悪役のマルタザールが気に入ったので次回作も見てみようかな!いやーあいつ人間化しないかな!!
マルフォイ父みたいなイメージなんだけどな!!人間化してほしいなああ!!!
拍手する
posted by nina at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・劇場版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「未知との遭遇」(1977年/米)

「未知との遭遇」(1977年/米)
監督・脚本 スティーヴン・スピルバーグ
出演 リチャード・ドレイファス、フランソワ・トリュフォー、テリー・ガー
配給 コロンビア映画


ふーぬぬ黄金のSFということで借りて見た(この歳になって初めてやっと見た・・)が、正直良さがわからんかった・・。
これは一体何がしたかったんだ・・?びっくりしたいだけか。どや!わーお。的な。
最後のオチがよくわからぬ。にっこりして物々交換?いや、あっちから宇宙人は来てないわけで・・。地球人が勝手に行っただけか。
ていうか1945年当時の人が当時の年齢のまま帰還してもどうしようもなくね? まじで何がしたいのかわからん。

音で会話するのは面白かった。波長?振動数?あれは面白かったなー
宇宙人もきっかりドレミファソラシドなんでしょうか。黄金律か。いいねー なんか素敵。
でも軍もわりとザルだよね。勝手に民間人が入れるし潜り込めるし移動出来るし。(や、野暮だッ!!)

家の中で山作ってたパパが未だによくわからない。なんで外で作らんの? 変なの。
拍手する
posted by nina at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・劇場版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

せ、せかいいちはつこいっ!!

ちっくしょう緑川と森川コンビなんて卑怯すぎるくっっっっ
 http://sekai-ichi.jp/

見なきゃならなくなったっっっ くそっ ディーンめ・・ディーンめ!!!

美濃奏がどれか全くわからねえっ
ちくしょうっっ みんな同じ顔に見えるちくしょうっっっ

今思ったけどもうBLCDってオワコンなんじゃね

BLCD は おわ こーん

いえい
拍手する
posted by nina at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンタジック チルドレン 〜#26(完)

久しぶりに物語を見た。
・宇宙の崩壊(笑)
イケメン!!!!!!!!!!!!
 しかも3人も!!!!!!!!!
・まあただのラブストーリーだったよね


物語だなあ。うん、なんかアニメで真面目な「物語」を見たよ。
なんか・・作者が温めてただけあって深かった。内容が。久々にいいアニメを見た。ただのラブストーリーだったしオチは気に食わなかったがw

どうでもいいけどキーボードがホコリっぽい・・。


良くも悪くも初見からのイメージをぶっ壊して新しい物語を見せてくれた印象が強い。
冒険活劇かと思いきやまあ後半はSFと見せかけてラブストーリーだったよね。まじでなんなんだよ恋愛とか。物語的には悲劇だろうけどさ・・。(恋愛と名のつくものは大体苦手です)
でもこのラブストーリーのおかしな点は超絶美少女が愛するのは左半身機械化済の青年だったり左腕失くした青年だったりってとこだよね。
イケメンだけどね、体がない男の方が選ばれるのはなんでだろうね。


記録すべきは18話!
あの絶望シーンはいいね。うーん、作者さんヘンタイちっく!素敵〜
ninaちんああいう半分オワコン状態の人間って大好き。セスさまかっこいー><あんたかがやいてるよ!おわってるけど。
物語があるのはいつだって敗者側の人間なのです。おわってるけど。
ソランとかどうでもいいよね!イケメンだけど。(くそうイケメンめ!)


なんか全体的にヘンタイちっくなアニメだったよっていうのはninaちんがヘンタイな目で見てたからなのかな・・。
ソランはいいとしてセスとかデュマとかアギとか結構いい具合にマゾかったしね・・。あ、イケメンは4人か?
マザコンから華麗にシスコンに転換してるのはちょっと露骨だった。シスコン多過ぎ〜。


全体的によかった。中盤で魂がどうの波形?がどうの宇宙がどうの言いはじめた時は苦笑したが。宇宙が崩壊かー。それは困るよね・・。ね。
SFってなんで宇宙に影響しちゃうんだろうね。宇宙に影響しなくていいのに。毎回なんかいじると宇宙がぶっ壊れそうになるよね。地球も大変だ。
途中で三角関係はじめた時はげんなりしたよね正直。私は異世界トリップモノと前世ネタと俺は男でお前は男ネタが一番苦手なんだよ!!!!!

なんかエスカフローネとかノエイン思い出したよ。前世ネタってなんでこう・・まあいいか。私は前世ネタ信じてないので受け入れられないってだけだ。心が狭いのはよくない!!


個人的趣味の話をするとセスちゃんが可愛かったな〜
ソランにntrされたときは一発ぶん殴るか決闘でオチつけてほしかったところ。
ていうかあの絶望シーンがいいよね!いいよね〜 実に黒薔薇的。
見せ方もよかった。コンテがいいのか演出がいいのかしらんがあれはよかった。無駄と言われるぐらい余裕もって尺使ってたのがいいなあと思った。間って大切だよね〜 長いと心配になるけど。
雨の中血みどろで歩いてるセスちゃんの作画が地味によかった。
このアニメ線が少ないからわりとよく動いてるのが好印象。つってもなんかガタガタだが。絵柄はブレてない(と思う)。
ときおり見られる良作画がいい感じ♪ イケメンはイケメンだし♪
(毎度思うがこんなに少ない線でもイケメン判定が出来る謎。マイメロの柊先輩しかり。比較対象の結果か?)


宇宙!?ラブコメ!?と半ば開いた口が以下略状態になった時もありましたがまあ良い話だったよね。
ていうか元凶は全てティナじゃね?ティナじゃ・・ねーか。叔父か。名前忘れたが。
ていうかなんでティナに最終兵器くっつけたの?くっつけなきゃだめだったの?
未だにわからんね。兵器くっつけなきゃよかったんじゃねえの。まあぶっ殺したことにかわりはないんだろうが・・。
(ていうか同一性の問題さらっと片付けたよねこのアニメ。一度死んだけど同じ顔同じ記憶の人間は死ぬ前のあの人と同じか?なーんて議題一生答え出ねえんじゃねえのっていうかもっとその辺つきつめてればあんまし問題は大きくならなかったのではと。特記すべきは同じ顔で今までの記憶を継承してる点。普通の設定だと同じ顔だけど記憶はないとか記憶は持ってるけど全然違う見た目の人だとかでジレンマが起こるわけじゃん?それいえばティナは顔・記憶共に完全体なんだから別に生き返ったティナは前のティナとどうこうとか言う必要ないと思うけど・・。なんで受け入れなかったんだ奴らは。最強の技術じゃねえか。これで大体の前世モノの問題大解決だよ。別にいいんじゃないのまあ転生のためにティナ殺したけどさ。)

90年代と違って00年代は冒険活劇とか前世やろうとしても
 過去なんか関係ない!俺は俺、今を、そしてこれからを生きるんだ!!
みたいなところが、元いた場所に帰らない形になってて素敵だなー、と思ったんだけど
よく考えたらエスカフローネもひとみは現世に戻ってるしで別に差別化されてるわけじゃねえかと思った。
まあはるときのはじめの方は異世界に残留してたが。エルハザードはどうだったかな?やっぱ帰るんだろうなあ・・。

あと僕的に気に入ったシーンはセスさまがソラン撃っちゃうところね!
 あれはねええええええええええええ
もうすごいよね。すごいジレンマだよね。
 俺の恋人をおおおおおおおおおおお
という想いが一瞬全神経を占領。独占されたので引き金も余裕で引いちゃう。ばーん!
倒れるソラン。血みどろ。動かないソラン!
 俺はなんで銃を持ってるんだ?俺は何をしたんだ?そうだ、俺は引き金を引いたんだ。ソランは何故倒れてるんだ?
そして真実に気付く。俺はなんてことをしたんだ!銃を持つ手が震える。
 俺はなんてことをしたんだ!
親友ですよ、ええ、妹のような恋人のような友人を親友にとられて我慢したのにやっぱり現実に歯向かえなくってああ!
あああああああ
セスさますっっっっっっっっっっごい良い物語をお持ちですねええええええええええええ

素晴らしいね。うん、ここまで執念を映像にしてくれて嬉しい。久々に良いキャラを見た。いいねえ。
親友を殺したとわかったときどんな気分だったろうね。多分後悔だよね。
セスが引き金を引いたのは親友に対してじゃなくて 俺と違ってティナに言葉を受け入れてもらった俺以外の男 に対して銃を突きつけたんだもんね。
うわーせつねえ。まじこいつせつねえ。我に返った時が地獄だよね。マジ耐えらんねえ。ごめんねやっぱCPするならセスが右だよねとか言っててごめんね。うわーまじセスさますげえいい物語お持ちですわ。すげえよ。ソランとか勝者に物語はねえよ。あってももう完結してるよ。


まあ私も大概マゾですがね。敗者の物語はいつ見ても感慨深いなあ〜
オワコンの腐りかけ。一般的に言う負け組ね。いいなー でもすき。


ほんとにひっっっっさしぶりに真面目で真摯な物語を見た。これと比べるとスタドラとか小手先レベル。もっとこう血反吐はいて足掻いてるような泥臭い物語が見たい。違う泥臭いのは物語じゃなくて作者。作者の限界まで振り絞った声が聞きたい!!物語に対して真面目な作品でした。トーマあああああああ幸せになれよおおおおおおおお!!!!!!
作者の想いが聞こえてくるような作品、良作・意欲作でよかったです。まあ前世系恋愛モノだったしオチはアレだったが・・。
拍手する

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。