2011年07月08日

まわぴんあげ↑あげ↑

そろそろうざくなってきたのはこっそりないしょ。
ウテナ傑作だぜとか言われ続けるとあまのじゃくなわたくしは
 はてウテナとはけっさくだったかしらん?
とか懐疑的になってしまう俺ジャスティス。うそこけ。

ていうかわたしがすきだったのは黒薔薇編であって生徒会編も黙示録編も正直そこまで好きじゃなかったしアンシーなんてどっちかっていうと未だにきらいな部類だったもんで思い出って美化されやすいよね。

ウテナはやってること難解だったけどオチがすっきり明瞭だったのでわかりやすかった気がする。まあ考察読んだおかげの他人の袴の受け売りだが(はかま?)。

もちろんまわぴんが面白くないわきゃないとは思うんだが、それにしたってこのマンセーぶりがそろそろ鼻につきはじめてきたと自己主張したっていいじゃないかそれぐらい許してくれよなんでそんなにテンション高いんだよ周りは。

なにがいやって
 絶対に損はさせないよ!
とかいうその「絶対」って言葉とその言い切っちゃう精神がうさんくさくていや。
まあ自信あるんだろうけど大体そういう言葉聞いてその通りになったことがないからいやだ!という僕はあまのじゃく^^^



ウテナの監督さんは執拗に親を持ち出さない作風だと思うんだが兄弟姉妹というものに非常にこだわりがあると思う。
 せらむん;しおざわかねととかしわつとむ?のきょうだい
 うてな;あんしーとおにいさま
とか。それだけかよ!!ていうつっこみはあとでね。
で、この兄弟姉妹の関係が疑似親子関係になってるのではにゃいかと思うのです。
(私毎回思うけど考察の論理組み立てってどうやるかよくわからない数学の証明大嫌いでした><)
近親相姦とか、ちょっといきすぎた兄弟関係とか、あー、この人の核はこの辺にあるのかな、と思ったりします。
まず親が出てこないよね、大抵の作家さんは親子関係クローズアップ!すると思うんだけど。
なのはしかりだんごしかり萩尾望都しかり。・・サンプル数それだけ!?!?!?
それだけ(あちゃー)

わたしいつ幾原監督が親子関係題材にした作品作るか結構楽しみにしてるんだけどよく考えたらセラムン時代からあんまり力入れてなかったみたいだしそういう畑にはいないのかもしれないっていうかいないんだろうね。
兄弟姉妹でやってくのかー。なんか屈折してて好きですけどね、執拗にその題材には触れないというか避けるというか無関心なところとか。
必要があれば誰だって何も言わず誰に言われずともやっちゃってるもんです、手が、手が勝手に小説を、ポエムを書いちゃうのおお!!!
的な。

サマウォの監督もトーマの作者も同じ話題ループし続けてますからね。
同じ話題をループし続けてるということはそれが本人にとって重要で欠かせなくて回避出来ない問題だからなのです。何度も反芻して、飲み込みたいんです。(飲み込めたら終わり、しゅうりょう。)


ウテナの監督は運命。切り開く系で終わるんだろうなあ、ウテナTVSも劇場もそんな感じだったし。
逆に全然違う方向からオチが飛んできたら驚くわwww
ウテナの監督、「永遠がほしい」とかゆってるけど、わりと本人が永遠してるっていうか、同じ話題ループし続けるもんだし嗜好も変わらないもんだし小学生の頃から人格って変わらないものだと思うし、永遠ってわりと身近にあるものだと思うなあ。


☆ぴんどらよそう☆
・兄弟のうちどっちかが掘られる描写がある(個人的には弟来そうだけど多分赤い方)
・ひまりちゃんきわどいシーン数々担当しそう(・・希望?)
・石田がラスボス(逆に石田起用しといてただの役とかありえなさすぎww)
・緑川光でてほしいなあああああ!!!!!!!!(希望じゃなくて予想してください)
・森川が出るかもしれない(希望じゃなくて予s)
・ペンギンは宇宙人(宇宙からやってきた生命体、の意)


20世紀(末)のアニメは世界の終わりだったけど、
21世紀のアニメは宇宙人襲来!!が題材なのかなー
人類の妄想空想想像ってわりと時代を先取りするよねーなんでだろうねー(ねー)
拍手する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。