2011年08月18日

「おまえうまそうだな」(2010年、日、アニメ映画)

「おまえうまそうだな」(2010年、日、アニメ映画)
原作 宮西達也
監督 藤森雅也
脚本 村上修、じんのひろあき
声の出演 原田知世、加藤清史郎、山口勝平、別所哲也
音楽 寺島民哉
撮影 斎藤秋男
編集 佐野由里子
配給 東京テアトル


動機:あの忍たま@キャラデザの藤森雅也監督ッ!!


親子ネタに弱い私的には特に何も言うことがないぐらい親子ネタって感じでわりと泣きそうなシーン多かったよ。。絵本を読んだことないけど(笑)

動きがとにかく良いです。ガキ向けとか関係ないぐらい良いです。
むしろお子様向けだからこそのリアリティのある動きというか、わりと真面目でド直球な子供向けアニメ映画を見た気分です。
まあ子供向けと言っても最近見たのっていえばぷりきゅあとかなるととかくれしんですけどね…。

キャラの色づけ・色分けがハッキリしてたので非常に区別もわかりやすかったし(キャラの区別は中の人か色かシルエットでしか出来ない私には非常に助かりました..)
心情から伏線から何からとすごく丁寧に作られた作品だなあって気がします今思うと(笑)

いや、ガキ向けだからってガキレベルに甘んじてない感じが良かった。真面目に映画してたし。わりとみくびってたから余計びっくりした(笑)

このアニメ映画を見た子供達が大きくなって、
 ああ、俺は子供の頃からこんな作画に恵まれた映画を以下略
してくれるのかと思うと今からむねあつですっ><><


不満を挙げるなら予告編と本編が若干違うじゃん!!てこと(笑)
あの予告編を見て主役がはーとだと思う人は一体どれくらいいるんだろうか...
拍手する
posted by nina at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画・劇場版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ガキ向けに甘んじてない」って言ってるようですが
監督さんの発言によると実はこれは認識違いみたいです。

あくまでも監督さん(藤森雅也)としては”子供向けだから〜”でやったつもりだったようです。

ttp://animeanime.jp/article/2012/08/22/11194.htm
ここの記事(インタビュー)で、子供向け作品についての仕事で述べています。ここで言われてる子供向けは亜細亜堂のものですし、「おまえうまそうだな」も含まれているはずです。
Posted by MORA at 2012年08月26日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。