2011年10月17日

周期的悪夢とアニオタの話

病的ではないけれど明らかに鬱期と高揚期が交互に来ることがわかっていたのでちょっと意識してみたらどうってことない生理的現象と共にリンクしている感じが沸々。
日記かなんかに気分が落ちこんだ日と上がった日とその理由を書いていくともっといいんだろうなあ。目に見えて周期していたらわかりやすいだろうし。
…まあ、忘れっぽい人間には色々と辛そうですが…。


ストレスに弱いのは万人共通だと思いたいですね。
私は特にストレス(やらなければいけないこと・来るべきこと)に弱くて現実逃避している時間が長くなる…。やることはたくさんあるのに!

モチベーションと体調と気分管理が出来る人が羨ましいです。
自分を管理するのってマジ難しいです言動とか特にね…。



最近アニオタと称しているのに(無論自称)アニメを見ていないというパラドックス。?
基本的にアニメが好きなだけでそこまでアニオタじゃないのかもしれない。自分が思ってるよりはるかに。
スタッフに注目しはじめたのも最近だし作品を語るほどの情熱もないし。
オタクのオタクたる所以は異常なまでの執着・愛着と没頭にあると思うんですが私にはどれも欠けてるし。

最近見るアニメも本当に気に入ったとかオチが気になるものばかりで萌えアニメなんか見ない!!とか超選り好んでるし。
で、スタッフチェックもやってないし、新番組は当日とか前日予約がザラだし?

アニメの話がしたくて一応アニオタを自称しているけど、話してみたら別段そうでもなかったというがっかりさせちゃうタイプを素で行く感じ。オタクにしてみれば迷惑な話!

好きなモノを見つけなさいとよく言われている(?)が、私はまだこの歳になっても見つけられてない感じがしてなんかガッカリ。
一つでもあれば生き甲斐になるとか考えると憐れな話。
普通の人は普通に趣味があるんだろうなと考えると悲しい。私には多分まだ趣味が見つかってない。。


一般大衆向け・不特定多数向けの文章とか書けないです私。
あと言いたいこと言わないと膿が腐って毒になる気がして何でもホイホイ言っちゃいたくなる質なのですごく現実を生きるのに不利な人間だというのがよくわかった。
つまり私は周りに毒を撒き散らすか、毒を中和する抗体を手に入れるか、毒を我慢し続けるかのどれかしかないということがわかりました。

マジで窒息しそう。言いたいこと言わないと死ぬ。精神的にやってけない。
人間関係悪くするってわかってても、言わないと俺の精神が死ぬ。誰かに伝えないと毒で死ぬ!!
 ワタシ果てなる永遠中二病♪


繊細とかじゃなくて単に脆弱なだけなんですよね。だからアニオタやってるっていうぱらどっくす?
本当のことを言うと人間怒るんですねっていうのが未だにわからない。言う前に気付きたい。感覚として。
拍手する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230724394

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。