2011年11月27日

輪るピングドラム #18

先週のことなんでなんかちょっとよく覚えてないんですが
最後の大玉ごろごろはちょっとご都合的かなと。
あとあの大きいプロペラどうやって廻るんだろうなとか気になっちゃいました。
ウテナは現実だけど現実じゃない、学園という名の半現実仮想空間だったから
わりかし何やってもオッケーだったけど、
ピンドラは仮にも一応現実を背景にしてるからその舞台で反現実やると
途端に嘘っぽくなっちゃうのかなというありきたりな考察をしていました。

ちょっとどうかなあ…ウテナは黒薔薇編があったから超絶高評価下してるだけなのかな
ピンドラも親子関係の超ピンポイント突いてきてるから嫌いなわけじゃないんですけど。

ここまできて食指が動くような事象が少なすぎるというか。
でもウテナも最後のオチが超良かったしピンドラもきっと感動出来ると信じてる。
私は信じてるっ!(大事なことなのd
拍手する
posted by nina at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | -> 輪るピングドラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。